目的別対策 授業補習 中学生

 『中学部』

<英語>

 オリジナルプリントにて、文法の解説及び演習。学校の定期試験対策として、教科書の暗唱を行う。教科書を完璧に覚えこむことによって、単語や熟語は勿論、必要な言い回しもマスターできる。適宜、前回授業部分の「確認テスト」を導入していく。

 

<数学>

 オリジナルプリント。まずは、学校での授業内容に沿った問題演習を行う。生徒さんの習熟度、理解度を見ながら進めていく。関数や図形などは時間がかかるかもしれないが、ペースが掴めれば、学校の範囲よりもほんの少しだけ先取りの学習を行う。塾にて解法を学び、学校では復習・練習の時間となるようにすることが理想ではある。

 

<国語>

 読解問題プリント。国語は、定期試験が迫っていても「NO勉強で試験に臨む。」と豪語する生徒が多い。出題者が求めていることが分かれば、準備しておくに越したことはない。周りのライバルが「NO勉」で試験に臨むのならば、日頃からテクニックを磨いておけば最も差をつけられる科目となる。国語の学習を頑張った影響で、英語が飛躍的に伸びた生徒さんも少なくない。相乗効果による、よい流れの発生である。

 

<理科>

 まずは、学校教材の徹底マスターを図る。教科書というものが行間が広く、ポイントとなる言葉がどこに記載されているのかさえ分かりづらいことが多い。重要個所を示しつつ、問題演習を行う。その際に、学校から渡されている問題集を完璧にしていく。提出なども考えられるので、提出時には、先生の好む状態にも完成させていく。

 

<社会>

 教科書を何回読んでいるであろうか。生徒さんによっては、一回も読まずに試験に臨む子供もいると聞く。これでは、今何を学習しているのかさえつかめていない。教科書・ノートの徹底と、「覚え方」「覚えるためのノート」等について授業していく。他の暗記科目にも使える方法である。

 

© i・R HomeTeacher All rights reserved.