目的別対策 資格試験 高校生

漢字検定・英語検定の2級以上、さらにはTOEIC・TOEFL対策も応援していく。

推薦試験の場合には、適性試験対策も行わなければならない。また推薦入試では、漢字検定・英語検定などは有用な武器になる。

 

『高校部』

<漢字検定>

  高校生ともなると、一般人としての常識をも求められる。新聞の意図していることが理解出来ないというのでは、問題文や議論の把握どころか、世間が何を伝えているのかさえ分からない。

  高校生には、最低準2級合格を目標に、知識を高めていただきたい。漢字の知識を身につけることは、社会のルールを知ることでもある。

 

<英語検定>

  英検2級は、高校卒業程度の英語力を想定している。となると、夏または初秋までには2級の合格を手に入れたいところ。語句の知識はもちろん、長文読解のスピードも上がってくる。昨今の入試問題文においての随筆やエッセイ、新聞記事などにも対応しやすい。

  推薦入試やAO入試、適性試験などの受験を考えている方は、合格を勝ち取るためのツールとなろう。試験時の自らの武器になるし、且つ調査書や成績証明書の『資格・検定』の欄に合格級を記入できる。真っ白というのは、少々淋しい…。

 

<その他>

 入試問題の対応を踏まえて、歴史検定や日本語能力検定の応援授業も行う。また、志望校や進学先によっては、SPI等の適性試験の演習にも対応している。

© i・R HomeTeacher All rights reserved.