目的別対策 資格試験 小学生

 小学生は、先ずきっかけとして漢字検定を念頭に置きたい。小学校在学中に、4級を目標に学習していく。

漢字であるので、受験生には入試に直結するし、一般生徒は日々の学習の指針となる。

 他には、歴史検定や英語検定にもチャレンジしていく。小学生の英語学習の必要性が叫ばれているが、議論がなされているうちにどのような形になろうとも、学習している者が強い。

 

『小学部』

<漢字検定>

 グローバル化が叫ばれても、叫ばれるがこそ、日本語の能力の大切さは見直されている。文章を読み進める上において、漢字の知識は必要不可欠である。小学生のうちに4級までの合格をし、知識を持ち合わせたい。

  i・Rでは、小学2年生で3級や4級を狙った学習をする生徒さんもいる。受験を考えているお子様は勿論、普段の学習として一つの目標とすることは、とても大きな意味を持つ。

  また併せてお勧めしているのは、お父様お母様をはじめ、ご家族の皆様もお子様と一緒に学習することである。勿論、親御様には2級や1級などの上位級を頑張るのであるが、お子様と同じ級を学習してみるのも大変有意義である。以外と忘れているものである。

 

<英語検定>

 国語力、十分な日本語が正しく身についてきたと判断できる生徒さんには、英語検定もお勧めしていく。これは、英語教育の低年齢化を意識してのものではない。あくまで、「国語力」が身に付いたお子様に、次の言語としての学びの提供である。i・Rでは、小学4年生で英検準1級を頑張っているお子様をいるが、かなり高い国語力をも身につけてくれている。

 

<その他>

 上記検定に加えて、歴史検定、理科検定、日本語検定等の応援授業も行っている。

 

© i・R HomeTeacher All rights reserved.