目的別対策 難関校受験 中学生

難関校や独自問題にも対応。

 

 数学の難問、英語の長文、国語の記述問題等の練習を中心に行う。また、過去問は早い生徒さんならば夏から。通常でも秋口には演習スタートしていく。ということは、夏までには一通りの範囲を網羅しておかなければならない。

  さらには関東の学校だけでは知識量が不十分であったり、難関と雖も標準的内容にとどまる場合もある。関西の名門校(灘・東大寺学園・ラサール・神戸女学院等)の問題なども取り入れて、良問を練習していくことは、実力を上げていくためにも有用な方法である。

 

<数学>

 体系数学の問題を中心として確認。主に発展問題を取り扱うが、基本が抜けていると判断した場合や、基本事項が良く狙われている部分は基本問題に立ち戻り学習。基本・標準問題は宿題として課し、授業以外にての自学にて頑張っていただく。尚、宿題は各生徒さんの習熟度によって分量は変わる。

 

<英語>

 プリントにて、文法事項の確認・解説をおこなう。また、準拠した問題も演習していく。それぞれに例文が記載されているので、単語単独での暗記ではなく、使える言葉としてマスターしていく。文法事項がマスターでき始めたならば、長文読解も併せて実施していく。

 

<国語>

 昨今は、国語の学習自体をせずに、各種試験に臨む生徒さんが多いようにお見受けする。文章の「読み方」から学んでいただき、正しい日本語を使えるようになったならば、解き方、テクニックに移行していく。一見まわり道のように感じられるかもしれないが、上位校の記述問題に対応するためには、日本語が使えるようにならなければならない。この練習は、英語の訳にも生きてくる。

 

※理科・社会につきましては、志望校により大きく性質が異なってきます。ご面談時に、ご相談ください。

© i・R HomeTeacher All rights reserved.